色恋は必要?ボーイのキャスト管理が上手く行くコツとは

キャバクラで働くボーイが担当する仕事のひとつが「キャスト管理」。

担当のキャバ嬢達に気持ち良く働いてもらいつつ、お店の売上に貢献してもらうためにどうすれば良いか?ボーイ達の腕が問われる重要な業務だ。

そんなキャスト管理だけど、中には色恋によってキャバ嬢達を管理しようとするボーイがいるのも事実だ。

今回はキャスト管理を上手くするためのコツについて解説するよ。

ボーイのキャスト管理とは?

キャスト管理はマネージャー以上の役職者が担当することがほとんどなんだけど、キャバ嬢達のシフト管理や、メンタル・モチベーションのケアを行う。

特にメンタルやモチベーションのケアはとても大切で、入れ替わりの激しい夜の世界ではいかにキャバ嬢達に長く働いてもらうか、売上を上げてもらうかってのが求められるんだよね。

ボーイ1人に対して通常5〜10人位のキャバ嬢が割り振られるんだけど、担当キャバ嬢の売上が自分の給料に直結するキャバクラも多いんだよね。

ガッツリ稼ぎたいって人はもちろん、ボーイだけじゃなくてもっと上の役職を目指したいって人は特にキャスト管理に力を入れたいね。

色恋管理とは?

色恋管理ってのは、ボーイがキャバ嬢に優しくしたり親身になって相談に乗ることで、自分に対して好意を持たせて売上やモチベーションの管理をしやすくすることだね。

似た様なもので「風紀」ってのがあるんだけど、これは実際にボーイとキャバ嬢が付き合うことで多くのキャバクラでNG行為とされてる。

お客さんに対する裏切り行為になることはもちろん、キャバ嬢達の接客が疎かになったりお店の雰囲気がギスギスしてしまう原因になるからだね。

色恋管理は実際にはキャバ嬢とは付き合わず擬似的な恋愛関係を演出するという所に違いがあって、多くはないけど実際にこの方法でキャスト管理を行うボーイもいるかな。

色恋管理は必要?

色恋管理はキャバ嬢のモチベーションを上げるという面ではメリットもあるんだけど、基本的にはトラブルの元になる可能性が高いから必要だとはいえないかな。

  • 喧嘩がきっかけでキャバ嬢がお店を辞める
  • 罪悪感に苛まれてしまう
  • 風紀に発展してしまうことがある

色恋管理にはこうしたリスクやデメリットが沢山あるということを理解してほしい。

どうしても色恋管理が必要だと思うなら止めないけど、そこから先はあくまでも自己責任。

特に、看板キャバ嬢が色恋管理の結果辞めてしまったとなれば当然自分もお店にはいられなくなるということは覚悟してほしい。

キャスト管理が上手く行くコツ

色恋管理はリスクやデメリットがたくさんあるから安易にやらない方が良いけど、じゃあ上手にキャスト管理をするにはどうすれば良いの?って思うよね。

キャバ嬢達を色恋管理なしでやる気にさせるのって難しいと感じるかもしれないけど、そこはボーイ達の腕の見せ所。

ここからは実際に自分が意識していることを3つ解説していくよ。

①モチベーションを上げる

まずはキャバ嬢達のモチベーションを上げることを意識してみてほしい。

売上が立っていないキャバ嬢達を見て「頑張れ!」って言いたくなる気持ちは分かるけど、キャバ嬢からしたら「もう私は頑張ってるわ!」って言い返したくなる。

ボーイに求められるのは安易に檄を飛ばすことじゃなくてキャバ嬢達の努力を具体的に伝えてモチベーションを上げることだよ。

「◯◯ちゃん、最近痩せた?もしかしてダイエット頑張ってる?」
「今のお客さんとの接客凄くイキイキしてて良かったじゃん!」
って風に、見た目の変化や接客中に良いと感じたことは積極的に伝えてあげるのが良いかな。

キャバ嬢からしたら「私のことしっかり見てくれているんだ!」って嬉しくなるし、些細なことでもどんどん褒めてあげてほしい。

あと、仕事終わりのキャバ嬢に好きなタバコやちょっとしたスイーツなんかを差し入れするとモチベーションアップにも繋がるかな。

たまにで良いからそんなサプライズも用意してみると良いかもしれない。

②共感する

ボーイはキャバ嬢に対して共感することも大切かな。

正直キャバ嬢の仕事は自分達ボーイが思っている以上にキツいことも多いんだよ。

体力的な面でもそうだし、お客さんからの心無い言葉やセクハラ、ノルマのプレッシャーとか、そんな悩みをストレスと常に向き合いながら働いている。

当然辛くなったり病んでしまうこともあるけど、そんな時にそっとキャバ嬢達に寄り添うことがポイントかな。

女性っていうのは共感してほしい生き物だから、キャバ嬢から相談を持ち掛けられたら頭ごなしに否定するんじゃなくてまずは肯定することを心掛けてみてほしい。

そして、どんなに長くなっても落ち着くまで話を聞いてあげることも意識してみて。

③気配り・サポート

ボーイとしてしっかりとキャスト管理をするためには、気配りやサポートも忘れちゃダメだね。

  • 担当キャストとお客さんの情報を覚える
  • お客さんとのスケジュール管理を担当する
  • ノルマ達成のための道筋や戦略を具体的に提示する

こんな風に、キャバ嬢が「自分の売上のためにしっかりとサポートしてくれている」って分かる様な気配りをしてあげることがポイントかな。

キャバ嬢が100%の力を発揮するために自分には何ができるか?という姿勢を常に持ってキャスト管理に臨んでみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − two =